• May 14 2022 - 11:57
  • 152
  • : Less than one minute

イスラム法学者(ホジャトルエスラーム・ヴァルモスレミーン)ムハンマドマフディー・イーマーニープール、イスラム文化交流庁長官による、アルジャジーラ記者の殉教に関する声明全文は、以下の通り。

イスラム法学者(ホジャトルエスラーム・ヴァルモスレミーン)ムハンマドマフディー・イーマーニープール、イスラム文化交流庁長官による、アルジャジーラ記者の殉教に関する声明全文は、以下の通り。

イスラム法学者(ホジャトルエスラーム・ヴァルモスレミーン)ムハンマドマフディー・イーマーニープール、イスラム文化交流庁長官による、アルジャジーラ記者の殉教に関する声明全文は、以下の通り。

 

我々は神のもの、かの御許に帰るものなり(クルアーン2章156節)

 

身を挺して取材に当たってきたアルジャジーラのベテラン記者シーリーン・アブーアークラ Shīrīn Abū ‘Āqlah氏が、ジェニン市[訳注:パレスチナ・ヨルダン川西岸地区]でクドゥス[エルサレム]占領政権の暴虐により殉教されました。またもベールに隠されていた、この占領政権の無法と無慈悲が世界の目に曝されました。

シオニストたちが殉教者アブーアークラ氏を意図的に殺害の標的としたことは、クドゥス占領政権の偽りの実態を正しく伝えるジハード運動における、マスメディアやジャーナリスト、識者たちによる啓蒙活動に、どれほど占領者たちが恐れを抱いてきたかを如実に表しています。

殉教者アブーアークラ氏は、人道主義に反する者たちに対する、このジハード運動の殉教者のひとりとみなされ、自身のジャーナリストと生活すべてを通じて、常にパレスチナ国民とクドゥスの居住者に対する抑圧を他の者の範となるほどに熟知し雄弁に語ってきました。

この女性ジャーナリストの殉教が、シオニスト[イスラエル]政権の暴虐を正しく伝える、残されたジハード運動者たちの双肩に重い使命を担わせることになるのは確実でしょう。しかし、この聖なる光輝の道の終わりには、高潔なるクドゥスの自由と占領者たちの穢れからパレスチナの大地が浄化にいたることでしょう。神の御意志のままに

 

イスラム文化交流庁長官

モハンマドマフディー・イーマーニープール

مدیر سیستم

مدیر سیستم

.

:

:

:

: